ART COMMUNICATION
RESEARCH CENTER
ACOP

茨木市教育委員会 「対話型授業プログラム」

概要

2022年度より京都芸術大学と茨木市の連携事業の一環として、茨木市教育委員会と本センターでは対話型鑑賞プログラムを2022年から2023年にかけての2年間、実施しました。

2023年度は、北陵中学校、彩都西中学校の2校で2年生を対象とした出張授業を中心にプログラムが実施され、本センターの研究員と本学アートプロデュース学科の学生が参加しました。

現場の様子や生徒たちの発言、成果をまとめたレポートが瓜生通信に記載されています。併せてご一読ください。

▼実施レポート:瓜生通信 アート・コミュニケーション研究センターによる茨木市中学校への出前授業~「対話型授業プログラム」

 

開催年月日
2023年10月16日(月)~31日(火)
開催場所
彩都中学校(全4日)、北稜中学校(全6日)
メンバー
【学生スタッフ】京都芸術大学アートプロデュース学科3年生  LEE HYOGEUN、西 陽史 、2年生 東田 美怜
【企画・コーディネート】 春日 美由紀(アート・コミュニケーション研究センター 共同研究員)、吉原 和音(アート・コミュニケーション研究センター 研究員)